土佐稲荷

地理

土佐稲荷

とさいなり

大阪市西区にある神社夜桜で知られる。

土佐稲荷神社は、土佐高知藩蔵屋敷の鎮守社として、明和7年(1770)山城伏見稲荷神社の分霊を勧請したと伝え、また古く天正年間(1573〜92)の創建で、享保2年(1717)土佐高知藩主山内豊隆が家臣に命じて社殿を造営し、一般の参拝を許したともいう。

慶応4年(1868)の堺事件のとき、フランス兵を斬った藩士箕浦猪之吉らは、明治政府がフランス公使ロッシュの要求を入れて20人の切腹を命じたため、この稲荷社前境内でクジを引き、20人の犠牲者を決め翌日堺の妙国寺へ護送されたという。境内は江戸時代から桜の名所として知られ、嘉永4年(1851)建立された其角の「明星や桜定めぬ山かつら」の句碑がある。社殿および桜の古木は、太平洋戦災中の空襲で焼失したが、社殿も復興し、戦後植えた桜の若木も成長して、夜桜花見が復活した。