土倉

一般

土倉

どそう

鎌倉時代から室町時代にかけて存在した金融業者のこと。「とくら」とか「つちくら」とかとも言う。現在の質屋のように物品を質草として担保とし、高利貸しを行っていた。