奴良リクオ

アニメ

奴良リクオ

ぬらりくお

奴良リクオは、1話当時は12歳。浮世絵町に住んでいて、浮世絵中1年。

ぬらりひょんの血を、4分の1受け継いでいる。昼は人間、夜は妖怪、とあべこべな、日々を過ごしている。

祖父 ぬらりひょん  父 奴良鯉伴

京都で、羽衣狐と戦い、勝利を手に入れたが、鵺(安部晴明)を再び羽衣狐に生ませてしまった。

また、鵺によって壊された、「祢々切丸」は、花開院秋房にたくし、再び「祢々切丸」を作ってもらうことになった。

3代目は、13歳の誕生日の9月23日に受け継いだ。

原作では、再び、「祢々切丸」が完成し、鵺との戦いの序章に入っている。

余談ですが、名前の由来  ぬらりひょんの血を、クオーター(4分の1)受け継いでいる、から「奴良リクオ