スマートフォン用の表示で見る

奴隷貿易

社会

奴隷貿易

どれいぼうえき

奴隷を商品として行う貿易。特に16世紀以降、新大陸植民地開発のための労働力としてアフリカ住民を対象に、ヨーロッパ各国の間で盛んに行われた。19世紀に入り奴隷解放運動が高まるにつれて急速に衰退。