党派性

一般

党派性

とうはせい

思想や政治的イデオロギーにおいて右寄り・左寄りの視点からモノや世間を見て、それに基づき言及する姿勢。

 

低レベルでは「同じような考えを持っているオトモダチ」意識。

 

「なんでも党派性で見てしまう病」など。