冬の巨人

読書

冬の巨人

ふゆのきょじん

古橋秀之の小説(ライトノベル)。

2007年4月10日,徳間デュアル文庫より刊行。イラスト:藤城陽

ISBN:4199051570

終わりのない冬、果てのない凍土の只中を、休むことなく歩き続ける異形の巨人“ミール”。

その背に造り上げられた都市は、人々の暮らす世界そのものだった。都市の片隅に住む貧しい少年オーリャは、神学院教授ディエーニンの助手として、地上から、そして空からこの”世界”の在り方を垣間見、そこで光り輝く少女と出会う。

“世界の外”から訪れた不思議な少女は、老い果てた都市になにをもたらすのか。そして、千年の歩みの果てに巨人がたどり着くところとは──

出版社の紹介文より