スマートフォン用の表示で見る

冬木弘道

スポーツ

冬木弘道

ふゆきこうどう

プロレスラー。本名・ひろみち。 通称「サムソン」「理不尽大王」。

1960年5月11日生まれ。神奈川県横浜市出身。A型。

180cm、120kg。

得意技はラリアート冬木スペシャル、筋肉バスター

国際プロレスに入団し、1980年5月4日の北海道・紋別スポーツセンターにおいてVS米村勉戦デビュー。

団体崩壊後は全日本プロレスへ移籍し、サムソン冬木として川田利明とともにフットルースを結成。

1990年に、全日本を離脱。SWS、WARを渡り歩き、冬木軍として邪道、外道とのトリオで活躍した。

ヒール的なアングルが多いレスラーであったが、同時にリングの外では蝶野正洋のような常識人としての一面も見せていた。

その後FMWなどのインディ団体を渡り歩き、2002年4月にガンを告白し引退。

2003年5月5日の橋本真也との電流爆破デスマッチを行う予定だったが、3月19日に死去。

予定された日に行われた追悼興行で橋本が遺骨を抱え、電流爆破を受けた。


リスト::プロレスラー

鎮魂歌―FMWはなぜ倒産したのか

鎮魂歌―FMWはなぜ倒産したのか