凍土壁

社会

凍土壁

とうどへき

海中の該当範囲を囲うように地中に管を埋め込み、管内部に氷点下40度以下の冷却材を循環させて周りの土を凍らせて造る壁。凍土遮水壁。

概要

コンクリート製の遮水壁を造るより、短期間で壁を建設できる。東京電力福島第1原発周辺の土壌を凍らせ、汚染水増加の要因になっている地下水の流入を防ぐために造られる。凍土遮水壁や凍土式遮水壁とも呼ばれる。