刀狩

読書

刀狩

かたながり

概要

 百姓身分の帯刀権を剥奪して、帯刀士族身分の特権として標示させる兵農分離政策の一つ。一般的には百姓身分の者の武器所有を禁止し、それらを没収して農村の武装解除を図った政策として知られているが、実際には「刀(太刀打刀)」以外の武器所有は禁じられておらず、脇指?などは認められた。

 刀狩を最初に行なったのは柴田勝家とされる。これに先立った1585年(天正13年)6月に豊臣秀吉高野山の僧侶に対して確約させた武装放棄を最初とする見方もある。大規模に推進したのが、1588年8月29日(天正16年7月8日)に豊臣秀吉が「海上賊船禁止令?」と同時に出した「刀狩令」による政策である。