唐川真

音楽

唐川真

からかわまこと

シンガーソングライタープロデューサー

北海道出身東京を拠点に、ドラマー&パーカッション奏者として活動。並行して製作した、オリジナルアルバムが大手レコード会社に認められ、1998年に作曲家として活動開始(米倉千尋/ストロベリーフィールズ)。

2003年より、サウンドプロデューサーとして、CM曲やイベント用サウンドロゴ等を製作し、また女性ヴォーカルとのコラボレーションアルバムをリリース。2006年、レコード会社業務に携わり、その経験を元に、長崎市にて自主レーベル「Maicou Music」を設立レコード製作、配信、若手アーティストの育成などを行う。

長崎ご当地アイドルミルクセーキコンポーザーである。

  • 幼少時よりハードロックやソフトロックに興味を持つ。一番影響を与えたのはセサミストリートの音楽である。中学時代、吹奏楽部に参加しホルンを担当させられるがものにならず、湖陵高校に進学の後も引き続き吹奏楽部に参加、当初クラリネットを与えられるがそれもやる気を起こさせるものではなく、結局パーカッションに廻される。やる気がないにも関わらず吹奏楽部に参加し続けたのは「唯一の友人がそこに居たから」とされる。
  • パーカッションに廻され、そこで初めて本領を発揮するものの、本人はそれがしたかったわけではなく、バンド活動〜キャバレーのハコバンなどに於ける10年間のドラマー活動の後あっさり辞めてしまい、宅録シンガーソングライターへの道を進むこととなる。なお、宅録についても高校時代からのキャリアがあり、実はドラマー活動より長いものである。
  • 現在もレコーディングでは全楽器を演奏することが多いが、パーカッション以外は全て独学であり、実力も特筆すべきものではない。本人曰く「ツボだけはある」プレイと特色あるミックス処理によって成り立っている。

ラジオ番組「サウンド見聞録」を自主制作し、パーソナリティも勤めている。同番組の「ミッシェル・ポルナレフ特集」は本国フランスでも話題となり、また、10ヶ月に渡り行われたポール・マッカートニーのレア作品特集がマニアから絶賛されるなど、広く注目されている。最近ではベイ・シティ・ローラーズ特集が反響を呼び、認知度が上がっている。

唐川真 からかわまこと Official Web

愛と平和の街

愛と平和の街

FUSEKI

FUSEKI

ミルクセーキ大作戦

ミルクセーキ大作戦

WhatAFantaG★/日曜日は大キライ!

WhatAFantaG★/日曜日は大キライ!

[rakuten:surprise-web:10425243:detail]

D

D

D

D