スマートフォン用の表示で見る

島原幸雄

スポーツ

島原幸雄

しまばらゆきお

50年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は18→21→16番。

1933年4月21日生まれ。愛媛県出身。

松山東高校を中退し、1952年西鉄ライオンズにテスト入団。

1953年、一軍に定着。

1958年より、川崎徳次より受け継いだ背番号21番に変更。エースナンバーとして確立する。

1950年代ライオンズを代表する投手として、黄金時代に大きく貢献した。

1963年、石本秀一に招聘され、広島カープに移籍も、病気のため開幕前に現役引退。