島原大変肥後迷惑

一般

島原大変肥後迷惑

しまばらたいへんひごめいわく

島原大変肥後迷惑とは、1792年5月21日(寛政4年4月1日)に現在の長崎県にある島原半島でおこった雲仙普賢岳の噴火およびその後の眉山山体崩壊島原大変)とそれに起因する津波災害肥後迷惑)のこと。

島原大変肥後迷惑による死者・行方不明者は合計15,000人(うち約3分の2が肥後領側)におよび、有史以来日本最大の火山災害となり、島原地方には今も多くの絵図や古記録が残っている。