島左近

社会

島左近

しまさこん

島勝猛もしくは島清興。戦国武将石田三成の家臣(家老)。三成の「過ぎたるもの」の一。柳生利巌の岳父。

もともとは大和筒井氏に仕えて活躍*1いたが後に浪人となる。

勇猛で知られる左近を召し抱えようという誘いを断り続けるが、石高の半分を差し出すという石田三成の意気に感じ出仕*2

左近自身は三成に忠節を尽くしたが、残っているエピソードは基本的には左近の才を使い切れない三成、といった図式の物が多い。

関ヶ原戦役では本戦の前哨戦となる杭瀬川の戦いで水際だった働きにより完勝している。後、関ヶ原の合戦で戦死したと伝えられるが、遺体は発見されず、生き延びていたとする説もあり、詳細は不明である。

*1松倉右近と並ぶ筒井家臣の双璧と讃えられていたとされる

*2:4万石中の1万5千石を与えられたと伝えられる