スマートフォン用の表示で見る

島村抱月

読書

島村抱月

しまむらほうげつ

1871年(明治4年)2月28日、現在の島根県浜田市金城町小国生まれ。文芸評論家劇作家

東京専門学校(現在の早稲田大学)で文学坪内逍遙に、哲学大西祝に学ぶ。卒業後は、イギリスドイツに留学、帰国して早稲田大学の講師となり、美学、文芸史の講義を担当。また、雑誌『早稲田文学』を復刊させ、自然主義文学の推進に力を注いだ。

逍遥との関係から、新劇運動にかかわるようになり、日本でのヨーロッパ近代劇の普及に努めるため、女優松井須磨子と共に芸術座を設立須磨子による「カチューシャの歌」(トルストイの舞台『復活』劇中歌・中山晋平作曲)のヒットにより、全国各地を巡業した。

1918年(大正7年)死去。抱月の後を追った須磨子の死に伴い、主軸の両人を失った芸術座は解散を余儀なくされた。