スマートフォン用の表示で見る

島津義弘

社会

島津義弘

しまづよしひろ

1535年〜1619年

戦国武将戦国後期最強の一角。通称「鬼島津

島津四兄弟の次男。島津九州征服で大活躍。慶長の役では「鬼石曼子」と恐れられる。

関ヶ原戦役では紆余曲折あって西軍に参加するが、紆余曲折があったのであまり積極的に行動せずに合戦当日に至る。

大勢が決した後、「島津の退き口」と称されることになる「前方への退却」を行い、井伊直政を負傷させたり島津製作所のご先祖様に助けられたりしつつ国元に帰還する。その後、隠居して維新と号した。