スマートフォン用の表示で見る

島田荘司

読書

島田荘司

しまだそうじ

しまだ・そうじ。作家。

経歴

武蔵野美術大学卒業。

1980年江戸川乱歩賞に最終候補まで残りながらも落選した『占星術のマジック』に目をつけた講談社の編集者により、1981年タイトルを変え『占星術殺人事件』(ISBN:4061833715)でデビューをはたす。

当時、売れないと言われていた本格ミステリの人気の復活のため、綾辻行人法月綸太郎歌野晶午我孫子武丸等を推薦し、新本格というムーブメントをひきおこした。

その後、死刑問題に深く係るようになり、『秋好事件』(ISBN:4062072599)を執筆。

本格ミステリに関わる評論家、また新人賞の選考委員としても活躍している。

現在はアメリカに在住。

作風

ご自身が「本格ミステリは冒頭に美しい謎が必要」と述べているように、島田作品にはそのような作品が多々ある。

ペンネーム

本名。

作品

占星術殺人事件

異邦の騎士(ISBN:4062637707)

奇想、天を動かす(ISBN:4334716628)

摩天楼の怪人