スマートフォン用の表示で見る

投資

一般

投資

とうし
  1. 利益を得る目的で、資金を証券・事業などに投下すること
    三省堂提供「大辞林 第二版」より)
    「お金が儲かるしくみ」の一部もしくは全部を買うこと。
    そのしくみが機能しているあいだはそれを持っているだけで収入になる。
    金持ちが金持ちであり続ける理由はそういったしくみを多数所持していることによる。
  2. 転じて、リスクを前提に相応の見返りを期待して何かに金銭を投じる行為全般を指す。
    ギャンブルや、キャピタルゲイン目当ての株式売買などに用いるのは本来の用法から言えば誤りだが、一般的に広く使われているのも事実。