投手四冠

スポーツ

投手四冠

とうしゅよんかん

プロ野球において、投手が各部門で4つのタイトルを一度に獲得した選手の呼称。

多くの場合、最多勝最優秀防御率最多奪三振、最優秀勝率のタイトルを一度に全て獲得した選手に対して使われる。*1

獲得選手一覧

年度選手名所属球団防御率勝数勝率奪三振数
1937年沢村栄治東京巨人軍0.8124勝.857196奪三振
1938年秋ヴィクトル・スタルヒン東京巨人軍1.0519勝.905146奪三振
1943年中上英雄*2東京巨人軍0.7334勝.905253奪三振
1954年杉下茂中日ドラゴンズ1.3932勝.727273奪三振
1959年杉浦忠南海ホークス1.4038勝.905336奪三振
1961年稲尾和久西鉄ライオンズ1.6942勝.750353奪三振
1981年江川卓読売ジャイアンツ2.2920勝.769221奪三振
1981年木田勇日本ハムファイターズ2.2822勝.733225奪三振
1990年野茂英雄近鉄バファローズ2.9118勝.692287奪三振
1999年上原浩治読売ジャイアンツ2.0920勝.833179奪三振
2006年斉藤和巳福岡ソフトバンクホークス1.7518勝.783205奪三振

*1:上記のタイトルに加えて最多完封を獲得すると「投手五冠」と呼ばれる。但し、こちらはあまり一般的ではない。

*2:藤本 英雄