スマートフォン用の表示で見る

東亜国内航空

一般

東亜国内航空

とうあこくないこうくう

[英]Toa Domestic Airlines

東亜国内航空株式会社は、かつて主として日本の国内定期路線を運航していた航空会社。略称は「TDA」。

1952年から1953年にかけて設立されたローカル線航空会社、日東航空(1952年7月4日設立)、富士航空(1952年9月13日設立)、北日本航空(1953年6月30日設立)、東亜航空(1953年11月30日設立)を母体とする。

1964年4月15日、日東航空、富士航空、北日本航空が合併して日本国内航空を設立

1971年5月15日、日本国内航空と東亜航空が合併して東亜国内航空設立

当初,運航はローカル線に限られていたが,1975年3月から国内幹線への就航を認められるようになった。

1988年、国際定期路線を就航させるに先立ち、株式会社日本エアシステムJAS)に商号変更し、東亜国内航空株式会社としての商号は消滅した。