スマートフォン用の表示で見る

東海道五十三次

地理

東海道五十三次

とうかいどうごじゅうさんつぎ

東海道に設けられた53の宿場町。

江戸時代に入って江戸幕府が開かれると、江戸と京とを結ぶ東海道は特に整備されるようになった。それまで、輸送に従事する人足・馬方は街道沿いの街々で個別に営業していた。それを特定の町に集め、公的な使役のために利用できるようにした。その町が東海道五十三箇所置かれたので、「東海道五十三次」と呼ばれるようになった。