スマートフォン用の表示で見る

東海発電所

一般

東海発電所

とうかいはつでんしょ

東海発電所は、日本原子力発電株式会社茨城県那珂郡東海村で運営していた、日本初の商業用黒鉛炉かつ商業用原子力発電所

1966年7月25日に営業運転が開始され、1998年3月31日に営業運転が終了した。

東海発電所は、コールダーホール改良型と呼ばれるガス冷却型発電所である。

ガス冷却炉では、燃料に天然ウランを使い、中性子の速度を減速する減速材に黒鉛を、また発生した熱を取り出すための冷却材に炭酸ガスを使っていた。熱せられた炭酸ガスを熱交換器に送り、そこで水を蒸気にして、その蒸気でタービン発電機を回して電気を発生させていた。

現在原子炉解体プロジェクトが進められている。国内では商業用原子炉解体の実績が無いため、同プロジェクトは日本初の商業用原子炉廃炉作業である。

概要

電気出力
16万6,000kW
原子炉型式
黒鉛減速・炭酸ガス冷却型(GCR)
燃料
天然ウラン(約187t)

原子炉解体プロジェクト

1998年3月31日、営業運転終了。

2001年、燃料搬出完了。

2001年10月4日、解体計画書提出。

2001年12月、解体作業開始、使用済み燃料冷却のプール洗浄。

2003年、タービン建屋内の機器の撤去およびタービン発電機の解体。

2004年11月、燃料取換機および建屋の解体開始。

2006年8月、熱交換器撤去工事開始。

2014年原子炉解体開始予定。