スマートフォン用の表示で見る

東久留米市

地理

東久留米市

ひがしくるめし

由来

1889年、北多摩郡久留米村設置。村名は市内を流れる久留米川(現在の表記は「黒目川」)に由来するという説が有力である。

1915年に武蔵野鉄道(現・西武池袋線)が開通すると同時に、東久留米駅が設置された。村名の久留米ではなく東久留米としたのは、福岡県国鉄久留米駅と区別するためだろう。

そして1970年に市制を施行する際、やはり福岡県久留米市との重複を避けるため、市名も駅名と同じ東久留米になった。

データ

(2010年4月1日現在)

面積 12.92平方km

人口 115,779人