東久留米総合高校

地理

東久留米総合高校

ひがしくるめそうごうこうこう

東京都東久留米総合高等学校久留米高校を前身とする総合学科高校。サッカー部の名門として都内では有名。2度の全国高等学校サッカー選手権大会出場経験がある。2009年に3度目(「東久留米総合」としては初)の全国大会出場を果たす。校内には都立で唯一の人工芝グラウンドを完備している。特別スポーツ推薦でのサッカー部枠もある。大学進学も重視していて、主要3教科は習熟度別授業。卒業生に中村憲剛志村けんなど。


東久留米総合高校サッカー部

サッカー部が全国屈指の強豪校。旧久留米高校時代より都内屈指の強豪チームとして知られ、中村憲剛らを輩出。一期生OBには志村けん(GK)もいる。人工芝グラウンド、2人のS級コーチ、プロトレーナーなど「都内No.1のサッカー環境」との呼び声高い。すべてのグループにおいて毎週練習試合を組んだり、下位グループでも手厚い指導ができるようになっている。実力主義を採用しており、過去の出身クラブチームなどの経歴は参考にしない。複数コーチの眼で才能と努力を見逃さないようにしている。また文武両道を基本としており、大学進学も重視。早稲田大や国公立大にも現役進学者を出すなど進学実績は高い。