東急バス

地理

東急バス

とうきゅうばす

東急」こと東京急行電鉄の100パーセント出資子会社で、1991年(平成3年)10月1日に営業を開始した東急グループの会社。

それまで直営だった自動車部門を分離独立させた会社で、(なお、分社化前は車体表記は「東京急行」だったものの、車内放送では「東急バス」と呼称していた。)大半の車両は東急の電車と同じ様なカラーリングだが(ほとんどは大型車両である。)、中には異なるもの(ほとんどは中型車両・小型車両である。)も存在する。なお、この会社では乗務員の事を「サービス・クルー」と呼んでいる。(一部、「リーダー・クルー」、「チーフ・クルー」となっている人もいる。)そして、一部の路線を子会社の「東急トランセ」に委託させ、ローマ字で「東急トランセ」と大きく書かれたステッカーが貼られ、東急トランセの制服を着た「サービス・プロバイダー(乗務員)」が乗務に携わっている。

営業エリアは、そのほとんどが東急電鉄の沿線であり、またそこから羽田空港などへ向かう高速バスも運行している。そして、この会社ではデマンドバス東急コーチ」を運行させていたが、(詳しくはキーワード東急コーチ」を参照。)デマンド区間の利用が多かった事もあり、今では全ての路線がデマンド運行を終了させ、一般の路線になった。また、深夜急行バス「ミッドナイトアロー」や東急田園都市線沿線からの東海道新幹線JR東日本横浜線横浜市営地下鉄新横浜駅へのアクセスとしての直行バス・溝の口駅新横浜駅線、渋谷区からの委託を受けて運行を開始したコミュニティバスハチ公バス(渋谷区役所〜渋谷区内循環線、一日乗車券使用不可、東急トランセに委託)」などの多種多様なバスを運行させている。

元「東急コーチ」の路線(全路線、現在も専用車両での運行)*1

*1:自01系統・自02系統・用21系統・用22系統・玉31系統・玉32系統・鷺11系統・鷺12系統、以上の路線は東急バス子会社である東急トランセに委託。