東急1000系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

一般

東急1000系電車

とうきゅうせんけいでんしゃ

東京急行電鉄電車。1988年に登場した。

1967年に登場した東急7200系電車以来の18m車両であり、まず東京メトロ日比谷線直通用として東横線に登場。

18メートル車が運行されていた、目蒲線(目黒蒲田間。後に現東急多摩川線区間)や池上線にも投入された。

前面は先に登場した東急9000系電車と同一だが、識別を容易にするために上部の種別・行先・運行番号表示の周りが黒く塗装されている。

現在は池上線・多摩川線用として3両編成で運転されている。

地下鉄直通運用で使用中の原型車両
f:id:mikagekawase:20120905200037j:image:medium
池上線で運行中の車両
f:id:mikagekawase:20120518154117j:image:medium
貫通路を中央部に置した車両は、東横線(8両)と旧目蒲線(4両)の両方で運用を目的とした車両
f:id:mikagekawase:20120518162119j:image:medium

目蒲線の目黒線・東急多摩川線の運用分割時以降に編成組み直しを実施し、貫通路は非常用となった。

1500番台

東横線用は2013年のダイヤ改正で運用から外れたが、一部編成は更新工事の上、池上線・多摩川線に転属。車号は1500番台に、車体色は緑系に変更され、在来車とは区別されている。

譲渡車両

2代目東急7000系電車の導入や日比谷線との乗り入れの取りやめに伴い、一部編成が余剰となって運用を離脱しているが、一部車両は他社へ譲渡され、旧型車を置き換えている。

上田電鉄

池上線・多摩川線の3両編成のうち1014F・1015F・1016F・1018Fが2008年に運用を離脱し、両先頭車が上田電鉄譲渡され、上田電鉄1000系電車となった。車内は東急時代とあまり変わっていない。

伊賀鉄道

東横線で運用されていた編成のうち、1006Fのうち6両と、1010+1011Fの両先頭車および、同編成の組み替えの際に余剰となり休車になっていた先頭車2両の合計10両が伊賀鉄道譲渡され、伊賀鉄道200系電車となった。なお、1006Fの中間車は先頭車に改造されている。車内はセミクロスシートに改造されている。

一畑電車

一畑電車1000系電車

リスト::鉄道車両の形式::大手私鉄