東急2000系

一般

東急2000系

とうきゅうにせんけい

東急田園都市線の車両。

1992年に増発用として登場した。車体フォルムは東横線9000系日比谷線直通用の1000系同一である。この車両では東急の車両で初めて車椅子スペースや絵柄入りのカーテンを導入するなど居住性の向上をなされている。

当時はまだ8500系の置換えは考慮されていなかったので製造は10両3編成のみとなった。

なおこの車両の乗入れ区間は全編成半蔵門線押上まで。東武線には入線しない。(サークルK)

VVVFインバータ制御を引き続きこの車両でも導入している。(日立製作所製)