東急8000系電車

一般

東急8000系電車

とうきゅうはっせんけいでんしゃ

1969年昭和44年)11月30日に営業運転を開始した東京急行電鉄の通勤型電車。

老朽化が進み、2008年(平成20年)1月13日をもって東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい線を走っていた最後の編成(8017F)が運用を終了した。また、大井町線を走る第1編成(8001F)も2008年(平成20年)2月22日の運行をもって引退した。

東急線での役目は終えたが、伊豆急行伊豆急行8000系電車)、インドネシアKRLジャボタベック)に譲渡され、第2の人生を送っている。

車両諸元

車種オールステンレス鋼製2軸ボギー電動車、制御車および付随車
軌間1067mm
電気方式直流1500V 架空電車線方式
最高速度120km/h
制御方式ワンハンドル力行ブレーキ制御器、他励界磁チョッパー制御、回生ブレーキ