東京ザヴィヌルバッハ

音楽

東京ザヴィヌルバッハ

とうきょうざびぃぬるばっは

'99年1月、坪口昌恭(Keyboards、Computer "M" on Macintosh)の

アイデアを菊地成孔(sp. alt. &tn. SaxCDJ)がプロデュースする

形態で結成。


特筆すべき手法として、主に現代音楽の分野で使われていた自動変奏

シーケンスソフト“M”にリズム隊を担当させ、微妙なランダム感や

コラージュ感のあるグルーブを表現している。


2001年までにライブ音源をリミックスした自主アルバムを2枚リリース。

2002年4月には、ゲストプレイヤーにパーカッショニストを加えるなど

して、よりコンセプトを明確に表した3rdアルバム「Cool Cluster」をリリース。

その多重力ファンクとも言えるサウンドは、音楽シーンに多大なインパクトを

与える。


 2003年3月、オラシオ・エルナンデス(Drums)を交えたスタジオ

セッションを元に再構築した4thアルバム「VOGUE AFRICA」を発表。

Album