東京シャトル

一般

東京シャトル

とうきょうしゃとる

東京シャトルは、京成バス成田空港交通京成バスシステムリムジン・パッセンジャーサービスの共同運行による、東京都心 - 成田空港間を結ぶ高速バスの愛称。

2012年7月に17往復で運行を開始したが、運賃の安さと東京駅八重洲口前から成田空港第2ターミナル北まで最短で60分という速達性から、利用率は高く、ダイヤ改正のたびに増便され、2013年12月現在、都心発は31便、成田空港発は49便が運行されている。日中は概ね1時間に2-3本の割合で運行しており、都心発の便は深夜・早朝時間帯にも運行される*1

900円*2という運賃の安さで利用客が増えている。

高速道路を走るため、座席定員制であり、満席の場合には乗車できない。

*1:ただし、東京駅八重洲口前発1:30、1:50、2:10の3便は酒々井パーキングエリアで時間調整を行い、ターミナル開館時刻に合わせ、成田空港第2ターミナル北にはいずれも3:30に到着する

*2:都心発の深夜・早朝時間帯の便で未予約で乗車した場合には1,500円

*3:早朝1便のみ始発

*4:13便が始発、大江戸温泉物語始発便は経由せず

*5:5便が停車

*6:2番のりば

*7:17番のりば

*8:15番のりば

*9:2番のりば

*10:19番のりば

*11:31番のりば

*12:4便が停車

*13:13便が終着、大江戸温泉物語行便は経由せず

*14:夜間2便のみ終着