スカイツリー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

東京スカイツリー

とうきょうすかいつりー

東京都墨田区にある、高さ634メートルの地上デジタル放送用タワー。

仮の名称は「新東京タワー」だったが、2008年6月に投票の結果「東京スカイツリー」に決まった。複数の候補地の熾烈な誘致競争の末、2006年3月、墨田・台東地区に決定。事業主体は、東武鉄道が中心に出資する「東武タワースカイツリー株式会社」。

2012年2月29日に竣工し、建設に当たった大林組から東武鉄道グループに引き渡された。

2012年5月22日に開業した(東日本大震災の影響で、当初予定より約2カ月の遅れ)。

足元には商業施設東京ソラマチ」などを内包する街区「東京スカイツリータウン」が広がる。

マスコットキャラクターは「ソラカラちゃん」。

入場料

  • 高さ350メートルの東京スカイツリー天望デッキ:2000円(大人)
    • 事前購入の日時指定券は大人2500円
    • 開業から2012年7月10日までは完全予約の日時指定のみ
  • 高さ450メートルの東京スカイツリー天望回廊:1000円(大人)
    • 天望回廊は当日券のみ
    • それぞれ独立に徴収されるため、天望回廊へは大人1人で合計3000円(展望デッキ日時指定の場合は3500円)かかる

地下

蓄熱層と呼ばれる熱供給用の巨大施設がある。蓄熱層には約7000トンの貯水が可能で、夜間電力を利用して夏は5度の冷水、冬は48度の温水を製造し昼の冷暖房用として使用される。

これによって約44%の節電が可能となる。また、貯められた水は大規模災害が起きた際、墨田区民に生活用水としても提供される予定。

さらに、約2635トンの雨水をためられる貯水槽も併設。トイレの流し水や屋上緑化の散水、集中豪雨対策として利用する。

ビジネス規模

年間540万人が展望台に上ると予測。入場料やテレビ局の電波送信料などを含め、85億円の年間売り上げを見込む。5万2000平方メートルショッピングセンターも併設され、こちらは年間300億円見込み。

逸話

当初は高さ世界一を目指したものの、アラブ首長国連邦ドバイブルジュ・ハリファ(828m)の建設計画が浮上し(2004年着工、2010年開業)、かつ広州テレビ観光塔(610m)が完成したため、世界で三番目に高い建造物、二番目に高い自立式鉄塔になる見込みとなっていた。

しかし2009年10月16日、高さが634メートル(武蔵=「むさし」の語呂合わせ)に再決定したため、自立式の電波塔として世界一の高さになり、全建造物でもブルジュ・ハリファに次ぐ世界第2位の高さになった(2012年開業時点)。2011年11月17日に「世界一高いタワー」として、ギネス・ワールド・レコーズより認定された。

最寄りの東武伊勢崎線業平橋駅は開業に先立ち、2012年3月17日にとうきょうスカイツリー駅に改称された。また、同じく最寄りの東京メトロ半蔵門線東武伊勢崎線都営地下鉄浅草線京成押上線押上駅についても東京スカイツリーが開業する2012年5月22日より「スカイツリー前」の副駅名が付けられた。

東京スカイツリー」は東武鉄道及び東武タワースカイツリー登録商標、「ソラカラちゃん」は東武タワースカイツリー登録商標である。

スカイツリーの構造

スカイツリーの構造は、下は正三角形の断面をしているが、上層に向かって丸みを帯びた円形へと変化している。断面形状が、下部・中部・上部と異なる形状で作られているのです。反り返りながら空に伸びていく柱と、外側にふくらみながら伸びていく柱で、スカイツリー独特の輪郭を作り出している。その結果、見る場所によって、スカイツリーがねじれて見えたり、曲がって見えたりする。

関連キーワード

関連サイト


東京スカイツリー万華鏡 (東京スカイツリー公認)

東京スカイツリー万華鏡 (東京スカイツリー公認)