スマートフォン用の表示で見る

東京ディズニーランドホテル

一般

東京ディズニーランドホテル

とうきょうでぃずにーほてる

Tokyo Disneyland Hotel

東京ディズニーリゾート(TDR)内に2008年7月8日開業のホテル。


地上9階建て、延床面積は約89,000m²、客室は計705室(計19タイプ)で、ちょうど東京ディズニーランド・ステーションを挟んで、パークと向かい合う場所に位置しており、内装・外装とともにTDLのメインエントランスやワールドバザール、そして東京ディズニーランド・ステーションと同じ19世紀から20世紀にかけて流行したイギリスヴィクトリア朝様式の建物で統一されている。これはウォルト・ディズニーヴィクトリア時代の末に生まれ、その時代の価値や理想を大切にしていたことからウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのマジック・キングダムをはじめとするディズニーパークのホテルで、ヴィクトリア朝様式が採用されている流れをくんでいる。また、誤解されがちであるが当ホテルはTDLに隣接しているもののメインエントランスの外側に位置しており、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのような「パーク一体型ホテル」ではない。