東京メトロ16000系 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

東京メトロ16000系電車

とうきょうめとろいちまんろくせんけいでんしゃ

東京地下鉄東京メトロ千代田線用の電車鉄道車両

2010年に登場し、2011年鉄道友の会ローレル賞」受賞。

外観・車内は10000系や15000系に準ずるものの、モーターには同社では初となる同期電動機(PMSM)を採用している。

従来車同様にJR常磐緩行線及び小田急小田原線多摩線への乗り入れも行っている。

なお、前面は01~05編成は真ん中に非常扉があり、種別表示と行き先表示は離れているが、06編成以降は非常扉がずれて行き先と種別が1つのLEDに表示されるようになり、運転台スペースも拡大された。