東京メトロ7000系

地理

東京メトロ7000系

とうきょうめとろななせんけい

東京メトロ有楽町線副都心線の車両。有楽町線開業時に投入された。

西武有楽町線西武池袋線東武東上線東急東横線みなとみらい線に乗り入れて運行している。

f:id:mikagekawase:20081005081653j:image

車体や性能は基本的に6000系と同一だが、 貫通扉の上に小窓が付き、車番も移動している。

有楽町線開業時からある車両のため、更新工事は営団時代から施行されており、東京メトロ移行後はVVVFインバーター制御に制御装置を変更したものも登場。

なお2007年から副都心線乗り入れ改造が順次施され、制御装置をAVFチョッパからVVVFインバーター制御方式のものに交換している。

対応工事車は、帯色がゴールド*1から10000系とよく似た茶色基調のものに変更されている。

一部編成は同時に8両編成に組み替えられたため、余剰となった中間車に廃車が発生している。

また10両編成で制御装置がAVFチョッパのままの車両は、副都心線対応工事から外れ廃車され、一部はインドネシアに輸出譲渡されたものもある。

(画像の7121Fは廃車→現在はインドネシアに輸出)

現在は10両編成×6本と8両編成×15本が在籍し、10両編成は有楽町線副都心線兼用で東横線では急行特急など優等列車で運用され、8両編成(前面に「8CARS」ステッカーあり)は副都心線各駅停車及び東横線急行各停限定で使用されている。

*1有楽町線ラインカラー。よく誤解されるが黄色ではない。