スマートフォン用の表示で見る

東京国際大学

一般

東京国際大学

とうきょうこくさいだいがく

[英] Tokyo International University (TIU)

東京国際大学は、埼玉県川越市に本部を置く四年制私立大学で、 学校法人東京国際大学が運営している。

沿革

1965年、金子泰藏により「国際商科大学」創学、商学部商学科4年制単科大学として発足、米国ウィラメット大学と提携を約束、ウィラメット大学夏期海外ゼミナール開始

1969年、ウィラメット大学と姉妹校関係交流協定書正式調印

1970年、ドクター・ソーントン・セルフインプルーブメント・アウォード発足

1973年、父兄会(現・父母の会)発足、ウィラメット大学エクステンションキャンパスプログラム開始(現・日本研究プログラム

1974年、同窓会発足

1975年坂戸総合グラウンド開設、創立10周年事業として体育館竣工

1976年教養学部設置

1977年、ウィラメット大学春期海外ゼミナール開始(現・アリゾナ大学ゼミナール)、互助会発足

1979年、国際交流研究所開設、学生相談室発足

1981年、州立南オレゴン大学と交流協定締結、ヨーロッパ夏期海外ゼミナール開始(現・英国ゼミナール)

1982年、第2キャンパス竣工教養学部が移転、留学生別科開設

1983年、情報処理センター発足

1984年大学院国際関係学研究科修士課程設置

1985年、創学20周年式典

1986年、「東京国際大学」に校名変更、大学院商学研究科修士課程大学院社会学研究科修士課程設置、セーラム市代表団(ハリス市長、ウ大ハドソン学長他)の来校、金子泰藏記念図書館竣工中国・山西大学と交流協定締結

1987年東京国際大学付属日本語学校開校(東京高田馬場)、創学者金子泰藏死去、金子泰雄副学長が学長に就任

1988年、大学院商学研究科博士課程(後期)設置、第1キャンパスニューリサーチセンター(現・研究棟)・14号館(現・3号館)竣工

1989年、経済学部および商学部経営情報学科設置、東京国際大学アメリカ校(TIUA)をオレゴン州セーラム市に開校、TIUA留学プログラム開始

1990年、国際交流25周年式典、マルチメディアネットワーク・システム導入

1992年、韓国・慶煕大学校およびドイツコンスタンツ大学と交流協定締結

1993年オーストラリア海外ゼミナール開始(現・グリフィス大学ゼミナール)

1994年、スウェーデン・ヴェクショー大学と交流協定締結、大学院経済学研究科修士課程設置

1995年、第2キャンパス図書館・20号館・クエストセンターアネックス竣工教養学部国際関係学部・人間社会学部に改組転換、創学30周年式典

1996年、台湾中国文化大学と交流協定締結

1999年、TIUA10周年、ドイツコンスタンツ大学との学術・文化交流に関する協定締結

2000年、山西大学ゼミナール開始、岡本清教授、学長に就任

2001年、早稲田サテライト開設、大学院臨床心理学研究科博士課程(前期・後期)設置、彩の国大学コンソーシアム協定締結

2002年、大学院経済学研究科博士課程(後期)設置、国際関係学部国際報道学科設置、荒井孝昌教授が学長に就任、第2キャンパススタジオ棟竣工

2004年、商学部3学科に改組(商学科、会計学科、情報システム学科)、言語コミュニケーション学部設置、第1キャンパス2号館竣工

2005年、金子泰藏生誕100年、創学40周年式典、マイケル・ソマレパプアニューギニア首相来校・名誉博士学位贈呈

2007年国際関係学部国際報道学科から国際メディア学科へ名称変更、カナダビクトリア大学、アメリカ・マウントアイダカレッジゼミナール開始、第2キャンパス福祉実習棟竣工、TIUAカネココモンズ完成、ベトナムチューバン・アン大学と学術・文科交流に関する協定締結

2009年商学部会計学科から会計ファイナンス学科、情報システム学科から情報ビジネス学科へ名称変更、TIUA20周年 早稲田サテライト早稲田キャンパスに名称変更

倉田信靖が総長に就任

2010年、田尻嗣夫教授が学長に就任、法人名を「学校法人 金子教育団」から「学校法人 東京国際大学」に変更、第1回ホーム・カミング・デイ実施、埼玉県との包括協定締結

2011年、人間社会学部に人間スポーツ学科を設置

2012年、人間社会学部スポーツ科学科設置、坂戸キャンパス第3グラウンド完成

特徴

学校法人一橋学院の故・金子泰藏?が創学。

留学生を多く受け入れる大学として知られる(日本の大学において第五位)。

また『半落ち』が話題になったミステリ作家の横山秀夫は、旧・国際商科大学の出身である。