スマートフォン用の表示で見る

東京十社

一般

東京十社

とうきょうじっしゃ

日本の明治初年に准勅祭社と定められた東京近郊の10の神社のことである。明治元年1868年)10月17日に明治天皇氷川神社を勅祭社に定め、それに続いて11月8日、東京近郊の主だった12社(日枝神社根津神社芝神明宮神田神社白山神社亀戸神社品川貴船社富岡八幡神社王子神社赤坂氷川神社六所宮鷲宮神社)を 准勅祭社と定め、東京鎮護と万民の安泰を祈る神社とした。明治3年1870年)9月1日には廃止されたが昭和50年1975年)に昭和天皇即位50年を奉祝して、関係神社の協議により遠隔の府中町六所宮(現在の大國魂神社)と埼玉県鷲宮町鷲宮神社を外した10社を巡る「東京十社巡り」が企画され現在に至る。