東京大神宮

一般

東京大神宮

とうきょうだいじんぐう

神前結婚式を創始した神社とされ、縁結びの神として信仰がある。

縁結びの神様として有名で、恋愛の札やお守りがたくさんあります*1

例祭4月17日。

明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建された。最初日比谷(現日比谷公園内)にあり「日比谷大神宮」と称された。昭和3年に現在地に移転し「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は「東京大神宮」と改称。

祭神

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、豊受大神

【造化の三神】

天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

神産巣日神(かみむすびのかみ)