東京都中央区築地

地理

東京都中央区築地

とうきょうとちゅうおうくつきじ

東京都中央区築地。旧京橋区にあたる京橋地域内に位置する。

築地」は元来埋立地の意味で、東京築地埋立地である。江戸時代、1657年の明暦の大火の際に焼失した浅草江戸浅草御坊(現在の築地本願寺)の移転のために、佃島の住人によってこの土地が造成された。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され、周辺は寺町のようになった。ほかの地域は武家屋敷が数多く立ち並んでいた。

明治より京橋区役所や現在の中央区役所が置かれ、中央区京橋地域の行政的中枢を担ってきた。そのため警察署、郵便局(旧集配局)など行政機関が集中している。東京湾の河口部に面している土地柄、海軍中央卸売市場など、海運に関連する施設が存在した。地域名の京橋を冠し京橋築地とも呼ばれている。