両国高校 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

東京都立両国高等学校・附属中学校

とうきょうとりつりょうこくこうとうがっこうふぞくちゅうがっこう

東京都墨田区江東橋にある、公立の高等学校および中学校

1901年創立の府立三中を前身とする名門進学校。卒業生には芥川龍之介をはじめ文豪が多い。大学受験指導に昔から熱心な教育をおこなっており、しばしば「勉強の両国」と称される。自らを厳しく律し、自ら進んで学ぶ「自律自修」が校訓。

教育

国語の力がすべての基礎であるという方針のもと、「書かせる教育」に力を入れている。両国独自の教科である「考える国語」では、論文の作成、ディベート文学作品の読解を通して、論理的思考力や高度な表現力の養成に努めている。生徒会の発行する『365日』や、教員による研究紀要である『三高教室』など出版活動も盛ん。「予備校いらず」の方針のもと土曜日授業実施、多数の講習・補習の実施、難関国立大や早慶大の独自の志望校判定をおこなう学校独自の高度な実力試験が実施される。

著名な出身者