東京15区

若若茖

2篁

地理

東京15区

とうきょうじゅうごく

第46回衆議院議員総選挙(2012年)の候補者

候補者の選挙結果

2012年

候補者所属政党得票数
田中美絵子民主党
秋元司自由民主党
柿沢未途みんなの党
東祥三日本未来の党
吉田年男日本共産党

2009年

候補者所属政党得票数
東祥三民主党105,131票当選
木村勉自由民主党80,054票当選
柿沢未途みんなの党38,808票比例復活当選
吉田年男日本共産党22,176票落選
井寺英人幸福実現党1,843票落選


リスト::選挙区比例東京ブロック選挙区

読書

東京15区

とうきょうじゅうごく

明治11年(1878年)から昭和7年(1932年)まで日本の東京に存在した行政区域群。昭和7年(1932年)に東京市が周辺町村を合併する以前の麹町区神田区日本橋区京橋区芝区麻布区赤坂区四谷区牛込区小石川区本郷区下谷区浅草区本所区深川区を指す。

歴史

1874年明治7年)3月8日に東京に導入された大区小区制が定着せず、4年後の1878年明治11年)11月2日に施行された郡区町村編制法によって、東京15区は初めて画定された。1932年(昭和7年)10月1日には周辺町村を東京市に編入していわゆる大東京市が成立し、東京市内の区は全部で35区となった。東京35区になって以降、それまでの15区を旧市域、新たな20区を新市域といって区別することもあった。1947年昭和22年)3月15日に東京都の35区が22区に再編された際、旧市域15区のそれぞれは他の区と統合された。このため、15区の名称は現在の23区の名称には引き継がれなかった。