東九州自動車道

地理

東九州自動車道

ひがしきゅうしゅうじどうしゃどう

福岡県北九州市を起点とし、大分県宮崎県を経由し、鹿児島県鹿児島市に至る高速道路。1999年11月27日に東九州自動車道単独区間としては初の大分米良インターチェンジと大分宮河内インターチェンジ間が開通。その後は順次開通している。