東畑精一

読書

東畑精一

とうはたせいいち

リスト::学者::社会科学

農経学者。

明治32年三重県一志郡豊地村(現・松阪市)に生まれ、三重県立第一中学から第八高等学校を経て、大正11年に東京大学農学部を卒業した。アメリカドイツへ留学し、主としてボン大学でシュンペーターに師事した。

大正13年に東京大学助教授、昭和8年に東京大学教授となり、農業経済学の体系化に務めたほか、政界・財界とのつながりも深く、農林漁業基本問題調査会や農政審議会の会長として、戦後農政や農業基本法の制定に大きな役割を果たした。また、多くの公務や要職を歴任、昭和39年学士院会員、昭和55年には文化勲章を受章した。