東武練馬駅

地理

東武練馬駅

とうぶねりまえき

東武練馬駅 東武鉄道(東上線)

東京都板橋区徳丸2丁目に存在する、東武鉄道の駅。副駅名は「大東文化大学前」。

1931年(昭和6年)12月29日開業。

駅が開設された当時(昭和6年)この地区は北豊島郡赤塚村の一部だったが、翌年には東京市板橋区となった。

昭和22年練馬区が分区した際に駅南側に区界が設定されたため、「東武練馬」という駅名にもかかわらず現在の所在地は練馬区ではなく板橋区である。

「東武練馬」という駅名は、駅南側に位置した北豊島郡練馬町からとられた。

特に駅のすぐ南側の地区(現在の練馬区北町)はかつて川越街道練馬宿として栄えたところであり、そこへの入口駅として「練馬」を名乗るのは自然なことだったと思われる。

ただ当時既に練馬町の南端武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)の「練馬駅」があったため、「東武」の2字を頭につけて命名された。

>> 路線案内 東武鉄道 <<

東武東上線


○ リスト:駅キーワード
○ リスト:駅つきキーワード