スマートフォン用の表示で見る

東武10000系

地理

東武10000系

とうぶいちまんけい

東武鉄道の一般型電車。1983年に登場した。

東武9000系の構造を引き続き採用したステンレスチョッパ制御車両である。

後に改良型として東武10030系東武10050系東武10080系も登場している。

f:id:mikagekawase:20110928154356j:image

スカイツリーライン在籍編成は4・6両編成、東上線在籍編成は2・4・6・8・10両編成(8+2、6+4で10両扱い)となっている。

最近は車体更新工事が順次施行されており

  • 種別・行き先表示がLED
  • 車内表示器をドア上に設置(LEDの編成と液晶画面の編成がある)

といった内容で行われている。

駆動方式

界磁チョッパ制御(更新工事施行編成の一部はVVVF制御)