スマートフォン用の表示で見る

東武6050系

地理

東武6050系

とうぶろくせんごじっけい

東武鉄道野岩鉄道会津鉄道近郊型直流電車。1985年デビュー。片側2扉の2両編成。

その為、東武6000系電車の機器を再使用し車体を更新したもの(6151F〜6172F)と、ボルスタレス台車を採用した完全新製車(6173F〜と野岩鉄道会津鉄道の編成)が存在する。

東武は0番台、野岩鉄道は100番台(60100系)、会津鉄道は200番台(60200系)を名乗っており、東武南栗橋車両管区新栃木出張所に配置されて共通で管理・運用されている。

運用は東武日光線鬼怒川線野岩鉄道会津鬼怒川線会津鉄道会津線栃木東武日光会津田島間がメインで、東武スカイツリーライン直通の快速区間快速北千住浅草にも乗り入れる。

634型

東京スカイツリー観光用車両として、東急車両(現・総合車両製作所)で製造された最終増備車両のうち2編成4両が、天窓装備の観光用車両東武634型?東京スカイツリートレイン」に改造された。