レベルファイブスタジアム からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

東平尾公園博多の森球技場

ひがしひらおこうえんはかたのもりきゅうぎじょう

福岡県福岡市博多区東平尾公園博多の森)内にある球技場

1995年7月開場。1995年夏季ユニバーシアード福岡大会のサッカー主会場として使用するために建設された。収容人員は22,563名(座席21,078名、立見席1,485名)。

Jリーグアビスパ福岡のホームスタジアム。ラグビーの試合も頻繁に行われる。

施設命名権

2008年、福岡市に本社を置くテレビゲーム製作会社であるレベルファイブが当競技場の命名権ネーミングライツ)を取得。2008年3月1日から3年間、「レベルファイブスタジアム」の名称となる。契約金は年間3150万円。略称は「レベスタ」。当初は略称名を「L5スタ」としたが、読みやすい「レベスタ」に変更した。

2010年11月、命名権契約についてレベルファイブ2011年3月1日から3年間の契約延長を行った。

2013年11月、レベルファイブ命名権契約を再更新した。契約期間は2014年3月1日から3年間。