東峰神社

地理

東峰神社

とうほうじんじゃ

千葉県成田市東峰にある神社1937年に日本の民間航空のパイオニアである伊藤音次郎が旧津田沼町の伊藤飛行機製作所の工場敷地内に空難者を祀るために建立した航空神社を源流とする神社である。第二次世界大戦後、伊藤が会社の従業員と共に成田市東峰地区に入植して農場主になると、1953年11月23日に航空神社も当地に移設遷座され、現在の名称となった。その際に新たに神奈川県二宮神社から勤労の神とされる二宮尊徳を授かって祭神としている。