スマートフォン用の表示で見る

東方M-1ぐらんぷり

一般

東方M-1ぐらんぷり

とうほうえむわんぐらんぷり

東方M-1ぐらんぷりとは、音楽サークルである「いえろ〜ぜぶら」(第7回より「あ〜るの〜と」)が制作する漫才作品。第1・2回はCD、第3回からはDVDで制作されている。

司会は、森近霖之助(CV:らんてぃ)と回ごとに変わる女性司会者。また原則、司会者を務めた人(?)は、その次の回で敗者復活戦会場の司会を務める*1

東方M-1ぐらんぷりと紅魔館

スカーレット姉妹の漫才を見てみたいなぁ・・・』

という妄想(?)から生まれたこのシリーズ。その為か、このシリーズにはよく紅魔館の人々(咲夜以外人間ではないが)が登場する。

レミリアとフランが、第1回と第6回で「スカーレット家」、美鈴とパチュリーが、第2回と第7回で「パチュみりん」としてそれぞれ漫才をしている。

また、漫才をしていない咲夜*2についても、第6回で霖之助と共に司会をした。その他、第5回で審査員もしていた。

判定/JUDGE

ネタの終わりに、採点を行う。

基本は100点満点×5で、500点が最高である。

特徴的な採点

四季映姫・ヤマザナドゥ

映姫は、漫才の採点でも白黒をつける。

その為、彼女が審査員の場合は、350点●や369点○等図形で表される。

第3回では酒で酔い、イカなど○や●以外*3の図形も登場した。

蓬莱山輝夜

第4回の審査委員長。ワーフェニックス*4の審査で、-100点という前代未聞の点数を叩き出した。その結果、298点とかなり低い得点となった。*5 *6

笑渦女命

このシリーズで唯一のオリジナルキャラクター。

漫才終了後は、+αと表記されていて、グランドチャンピオン決定まで点数が分からなかった。

各回の詳細

(しばらくお待ちください)

・第1回東方M-1ぐらんぷり

スカーレット家の漫才中、フランが紅魔館を焼いてしまい、以降床下生活をしている。(第4回でその描写がある。)

第6回までに再建するも、再び焼かれる。

・第2回東方M-1ぐらんぷり

この回では、「ちぇぇぇぇぇぇぇぇん!」や「藍しゃまぁぁぁぁぁぁぁぁ!」、「JAOOOOOOOO!」といった言葉が登場。以降、二次創作マンガやMMDなどで使用される。

・第3回東方M-1ぐらんぷり

・第4回東方M-1ぐらんぷり

第5回東方M-1ぐらんぷり

・第6回東方M-1ぐらんぷり

・第7回東方M-1ぐらんぷり

*1:第7回では、前回(第6回)のメイン会場司会を務めた十六夜咲夜ではなく、幽谷響子が務めた。これが、唯一の例外である。

*2:第1回のスカーレット家に登場したが、あくまでもレミリアとフランの漫才なのでそれは含めない

*3:ただし、絵の色で黒か白かを判断

*4:妹紅と慧音のコンビ

*5:この点数は、現在も最低得点である。(ただし、白黒判定の作品については除外する)

*6:もし、輝夜が100点を出していたら、498点とかなりの高得点であった