スマートフォン用の表示で見る

東北本線

地理

東北本線

とうほくほんせん

東日本旅客鉄道JR東日本)の鉄道路線。2010年末期から東京から岩手盛岡までを結ぶ。東北線と呼ぶこともある。また、上野駅黒磯駅は後述の「別名」の項の通り、湘南新宿ライン直通列車を含め、対外的に宇都宮線と呼ばれる。

元々は民営の日本鉄道によって1883年(明治16年)に開業した上野熊谷のうち、上野大宮(当時は大宮駅は未開業で、大宮熊谷は現在の高崎線)の区間を皮切りに、1891年(明治23年)9月1日に盛岡青森間が開通したことで上野青森までひとつの路線となった。その後、1906年明治39年)の鉄道国有法により国有化され、1925年(大正14年)に上野から東京へ起点が南へ進み、1987年昭和62年)に再度民営化された。

東京青森間の総延長は本線のみで739.2kmと日本一長い路線だったが、2002年の東北新幹線盛岡八戸、2010年の八戸新青森の開業に伴いこれらと並行する東北本線は廃止、岩手県内はIGRいわて銀河鉄道に、青森県内の区間は青い森鉄道へ移管されたことで、東京盛岡間を結ぶ在来線として日本で3番目に長い路線となり、青森県から「東北本線」は消滅した。

ただ、盛岡以北の第三セクター化後も首都圏東北北海道を結ぶ貨物列車及び寝台特急列車のルートとしていまだに健在であり、ローカル輸送としても盛岡駅以南からの東北本線直通列車をはじめ、好摩駅で接続する花輪線八戸駅で接続する八戸線野辺地駅で接続する大湊線からの乗り入れ列車が存在する。

路線

黒磯以南は直流電化、黒磯以北は交流50Hz電化。

*1上越線に直通するものは除く