東洋大師

地理

東洋大師

とうようだいし

東洋大師明徳寺

高知県安芸郡東洋町野根

 空海四国を歩いていたとき当地にお立ち寄りになり一晩泊まられました。

 その折り、地元の人々から水に不便しているという話を聞き、谷間に一点を銅錫で突き加持祈祷したところ水が流れ出し瀧になりました。

 この谷は二度と涸れることはないと村人に言い残して空海は立ち去られたといわれています。

 この谷のある場所に建立されたのが東洋大師明徳寺です。