東洋剥製博物館

アート

東洋剥製博物館

とうようはくせいはくぶつかん

大阪府岸和田市にあった、個人による剥製博物館

「必要以上に怖い表情をした」虎の剥製や、「だんじり姿の狸やパンダ」の剥製などがあった。

館長の高齢化により、「自然な格好をした剥製」は、岸和田市に寄贈され、岸和田自然資料館で展示されている。

展示にふさわしくない剥製はそのまま残り、都築響一の『珍日本紀行』でも紹介されたが、2003年ごろに閉館。